フリーエンジニアの履歴書作成のコツ

フリーエンジニアであろうとも履歴書を書いておくべきです。
そうして、いつでも企業側に渡すことができるようにしておくとよいです。
仕事を発注してくれるところというのは様々ではありますが、当然ながら、自分たちがどんな人に仕事を出しているのかは把握しておきたいのです。
ですから、細かい経歴なんかを知っておくのは有益であり、ある意味では当然なのです。また履歴書に提出を求められることは多いのです。

これはフリーランスであるからこそのことであり、企業相手の場合は普通はその企業が信用されていますから、不要です。
つまりは、いちいち、対等者の経歴書を要求するようなことはないのです。ですが、フリーランスの仕事の場合はそうもいかないのです。
信用がその個人にあるわけですから、少しでもその人のことを把握しておきたいわけです。持っているスキルや今までどこに勤めていたのか、ということも知るべき項目になってしまうのです。

肝心の履歴書の書き方なのですが、職務経歴書と一緒に書けるようにしたほうがよいです。
簡単な書き方は、時系列で書く方法であり、そして、不要な部分は省くことです。これが意外と難しいことであり、勤めていた企業はすべて書く必要がありますが、そこで何をしていたのか、ということはアピールしたい部分だけを書くと良いです。あくまで相手に評価してもらうためのものですから、すべてを書く必要性はないのです。フリーエンジニアは資格と経歴で相手から仕事をもらうのです。

コメントを残す