企業就職を目指すフリーエンジニアの戦略

フリーエンジニアがとるキャリアの道として、ある程度の期間活動した後で企業に転職するという道があります。
フリーエンジニアとして開発のあらゆる部分に携わり、多くの企業とやり取りをしてきた経験は高く評価されることが多く、転職に際してはとても有利にはたらくからです。その際には、いかに自分が活躍してきたかということを訴えかけることが重要であり、そのスタート地点が履歴書になります。

これまで行ってきた仕事内容について、具体的に書き連ねていくことができれば理想的ですが、守秘義務の関係もあってそれを具体的に示すことはできません。書けるのはせいぜいどういった分野の案件を扱ってきたかということや、どれくらいの期間でどのくらいの数の案件を処理してきたかということになります。
そのため、履歴書の段階においては大口案件を成功させたかどうかといった情報は必要なく、一度しか受けたことのない分野の案件であっても経験があると記載することができるという側面があります。
そのため、将来の転職を考える際には、幅広い領域の案件を大小に関わらず受けておくというのも良い手段になります。

また、リーダーとしての資質が求められることも念頭において受ける仕事を選んでおくことが大切となります。
どんなに優秀で職場に合った人材であっても、書類審査の時点で却下されてしまっては元も子もないので、こういった工夫をすることによって履歴書に魅力を追加できるように仕事をすると転職に有利になるでしょう。

コメントを残す