フリーエンジニアの上手な履歴書の書き方

フリーエンジニアで履歴書を書く場合、職歴の欄をどう記載するか迷う方が多いです。結論として、今まで請け負ってきた仕事すべてを記載したほうがよいです。すべて記入することで、今までどんな仕事をしてきて、どんなスキルを持っているのかを企業側に伝えることができます。
請け負った企業名も書くことで信用度が増しますので、必ず仕事内容と一緒に書きましょう。経歴が長い方は、希望する会社の業務に合わせて見て欲しい経歴をピックアップした別紙を用意すると良いでしょう。

ここで書き方ですが、一言で終わるような簡単な書き方では相手側も習得したスキルなどは想像することができません。
どんな技術を使って問題を解決していったかや、個人的に作ったプログラム、貢献したプロジェクト、チーム内でどんな役割を担っていたかなど具体的な内容が書かれていると、採用する側に対して大きな強みになっていきますので、かならず紹介するようにしましょう。

志望動機も大切です。
システムエンジニアとして採用側のプロジェクトに貢献できるものは何かを書きましょう。そして自分自身が目指しているエンジニア像を記し、実際に実現可能なことを書いてアピールをすることが大切です。

最後に大切なことは、仕事に対する姿勢です。
どういうモチベーションでスキルアップをしているか、得意とする言語や開発分野、やりたいシステムや担当などを書くことで、向上心をアピールすることができます。稼げるフリーエンジニアになるためにはこうしてキャリアアップを目指していく必要があるのです。

コメントを残す